カードローンの借入利率の平均値ってどれくらい?

カードローン おすすめ商品にも、金利は必ず設定されています。たとえばローン商品の広告などを見ると、「実質年率4.5%から14.5%」などと目立つように表示されているはずです。どうして「4.5%から14.5%」というように下限と上限があるのかというと、それは具体的な融資金額によって借入利率が違ってくるからです。たとえば融資額が最低1万円から最高100万円だとすると、1万円の借入利率は14.5%、100万円の借入利率は4.5%になることは間違いありません。つまり利率とは、融資額と反比例するものなのです。
ところで複数のカードローンを比較すると、設定されている金利はローン会社によって違いが見られます。ですからローン使用者にとっては、カードローンの借入利率の平均値は何%くらいなのか気になることがあるでしょう。なぜなら、どうせお金を借りるなら、みんな少しでも低金利でお得に借りたいと思うに違いないからです。
最近では、その借入利率の平均値を独自に算出して徹底比較してくれるローン商品情報サイトも増えてきましたので、興味があればネットで調べてみれば参考にはなることでしょう。ただし、カードローンなどは審査に通らないことには使えません。しかも借入利率が低くてお得感の高いローンほど、審査の難易度が厳しくなってしまう傾向があるのです。ですから自分の属性の高さに絶対的な自信がある人以外は、あまり利率ばかり気にするのは良くないでしょう。ちなみに銀行カードローンの上限金利の平均は、概ね15%前後だと言われています。